WORKS&TOPICS

WORKS&TOPICS

2022.01.07

COLUMN MEDIA BIM

BIMで変わる、BIMで変える 2022!

BIMで変わる、BIMで変える 2022!

一般社団法人日本建築士事務所協会連合会が毎月発行している、

会報「日事連」の2022年1月号に、弊社のBIMの取り組みについて寄稿しましたー!

 

2009年が日本におけるBIM元年と言われていて、今年で13年目になります。

2009年に生まれた子供も、「もう中学生」です(^^;)

 

日本建築士事務所協会連合会としても、BIMをしっかり推進していこうという気概を示しています。

会報誌なので、会員向けの内容にはなっていますが、

弊社が寄稿した記事の紹介をさせていただきます〜

 

会報「日事連」についてはこちら↓

BIMを導入した経緯

弊社では2013年の創業に合わせて、BIMを導入しました。

ソフトベンダーはいくつかありますが、採用したのはGRAPHISOFT社のARCHICADです。

 

当時は周辺にBIM使っている事務所がほとんど無く、

地方ではセミナーも無く、オンラインセミナーも今ほど無かったので、

東京まで行って色々試した結果、ARCHICAD一択!となりました。

直感的に使える!というのが決め手でしたねー

改めて、ARCHICADで間違い無かったと思います(^^)/

 

導入当時はARCHICAD16、最新バージョンは25になりました。

毎年メジャーアップデートがありますが、

その進化のスピードは目覚ましく、ついていくのも大変です==

 

BIMソフトだけでなく、ハードの進化もすごい!

当時は点群データを活用するには数百万の測定機器とかなりハイスペックなPCが必要でしたが、

なんと今はiPhoneで簡単に点群データを取得することができるようになりました。

(LiDARが搭載されているiPhone 12or13のProか、iPad Pro)

 

ただBIMのデータを扱うだけでなく、点群データや構造、設備データと連係することで、

様々な可能性が生まれています。

iPadで点群データ取得中
取得した点群データ
建物内部の点群データ

社内におけるBIM研修の方法

コロナ禍以降、多くのセミナーがオンライン化されました。

地方にいる身としては、かなりありがたい流れになりましたね〜

 

弊社ではリモートワーカーも在籍していて、休みも自分のタイミングで取得するメンバーが多いので、

スキルアップのための教育も、いつでもどこでも学べる仕組みが大事だと考えています。

 

BIMソフトの使い方は市販のテキストもあり、ググればいくらでも情報は出てきますが、

社内独自のルールやモデル作成の方法や、入力方法の統一を図るための解説動画を作成して、

Youtube(限定公開)にアップしていつでも視聴できるようにしています。

 

こうすることで、常に隣に教えてくれる人がいなくても、

いちいち先輩の説明をメモ取らなくても、何度も聞き直さなくても、

必要な時に必要なだけ、何度も繰り返し見ることができますから、

管理する側も、メンバーの技術習得も早いと考えています(^^)/

社内打合せは、ほぼオンラインです

BIMを導入したことによる変化

発注者、建築主との打合せは、全て3Dのモデルを見ながら行います!

変更の要望があればその場でモデルを修正しながら、打合せを進めます。

 

設計者側としてもイメージを正確に伝える事ができるので、

コミュニケーションも楽に精度を上げることができます。

 

特に、見慣れない図面や小さな模型だけでは、

いまいち完成形がイメージしにくいのではないでしょうか?

 

BIMでの設計の場合、必ず3Dデータを作成しますので、

パースイメージだけでなく、動画も簡単に出力することができます。

 

弊社でも、初期提案の段階から動画を作成してお見せしますが、

イメージの共有は図面とは比べものにならないですね(^^;)

 

Youtubeでもいくつか動画を掲載していますので、ご覧くださいー!

建築DXの核となるBIMデータを使いこなす

多様な働き方への対応やなどからもDXが急速に進んでいると感じています。

 

例えば、建物を建てる前に法的に問題無いかを確認する「確認申請」という手続き、

この手続きの電子化の大きなネックは、印鑑が必要ということでした。

建築主だけでなく、設計図面に全て設計者の印鑑が必要でした・・・

 

以前BIM&電子申請にて確認申請に取り組んだ事例はこちら。

一番のネックだった印鑑が、DX推進のおかげで不要となり、

今では簡単に電子申請を進めることができるようになりました(^^)/

 

印刷して、捺印して、図面を折込んで製本して、審査機関に持って行く・・・という流れが、

PDFで纏めて、サーバーにアップする。で終わります。

これなら在宅勤務でも対応できる!

 

このような変化は、益々スピードを増して起こっていくのは間違いないでしょうね。

BIMは建築主に一番メリットがある?

このような業界紙では、

設計者や施工会社にどのようなメリットがあるのか??という切り口で語られることが多いです。

 

でも、よく考えてください。

お金だして建物建てようとしているのは、発注者、建築主です!

建築主にメリットがどうあるのか?を考えていくのが技術者じゃないでしょうか(-_-;)

 

ixreaでは、BIMを使うことで建築主にどのようなメリットがあるのか?について

これからも力を入れて発信していきたいと思いますー!


日事連掲載記事はこちらから

DOWNLOAD



COLUMN MEDIA ”の他の記事

WORKS&TOPICS 一覧