ixrea

コンセプトリード文

CONCEPT/私たちができること

ixreaは「i × rea」をコンセプトとします。

I(わたし)×realization(実現)I(わたし)×re-architecture(建築)

I(わたし)×re-art(アート)I(わたし)×reactivate(活性化)

新しく、価値ある何か

私たちixrea(イクシリア)は、他の設計事務所ではできないコンセプト&デザイン、3Dによるコンセンサス、タブレット端末やWebを通じた情報提供など、施設計画において新しい価値を提供します。

デザインそのものには価値がありますが、建物の資産価値を上げるには、継続的な関与が必要です。新しいデザインを生み出すだけでなく、使う人、住み人に最適化し、真に愛される建物とします。

土地を紹介して終わり、設計して終わり、建てて終わりではありません。私たちは建物のライフサイクル全てをマネジメントできます。

継続的なファシリティマネジメントにより、維持費を下げ、設計にフィードバックする事でコスト低減を行います。コストを下げることはもちろんですが、下げることに終止するのではなく、掛けた費用に対する効果の最大化、収益性の最大化を目指します。

Value Up Produceの実践

資産価値の最大化、施設の継続的な価値アップをプロデュースします。

私たちixrea(イクシリア)は、建物の企画、設計だけでなく、施設の運営企画、管理までトータルに行うことができます。いくらいい建物を建てても、そこから数十年の使われ方によって、建物の価値は変わってしまいます。建物の価値を落とさず、それを上げていく「Value Up Produce」により、劣化リスクの減少、資産価値の最大化をお手伝いいたします。

Building Information Modelの導入

3D図面の導入により、設計段階でのイメージ共有を簡単にします。

弊社では設計業務に関して、GRAPHISOFT社のArchiCADを使用しています。建物に関わる全ての情報を、BIMにより3Dで作成します。打合せは全て3Dのモデルをベースに行いますので、イメージの共有がしやすく、わかりにくい図面に目を凝らす必要はありません。

外観イメージ

隣地の状況も含め、景観シュミレーションにより、建物の見え方、建物から廻りの風景の見え方等をより具体的に検討することができます。

内観イメージ

計画初期の段階で、内観の3Dイメージを提供します。より具体的に使い勝手等の検討をすることができます。建物竣工前から、分かりやすいイメージを入居希望者へ伝えることができます。

ライフサイクルマネジメント

施設の企画から運営、維持管理までトータルサポートいたします。

ページトップへもどる