WORKS&TOPICS

WORKS&TOPICS

2021.10.01

BIM 点群活用

点群データの活用事例①

点群データの活用事例①

点群データ・・・ご存じでしょうか??

 

説明は難しいですが、、簡単に言うと、点の集まりです!笑

 

例えば、画像はXYの座標情報を持つ点の集合ですが、

ここでいう点群データは、XYZの座標情報を持つ点の集合体です。

これにより、3Dの表現が可能になります!

 

写真のように、カメラで撮影することで点群データを取得し、

それをPC上で3Dデータとして確認することができます。

 

一昔前までは、この点群データを撮影するためには大がかりな機械(数百万のものも・・・)を用意して、

一日かけて撮影するという大変な作業が必要でした。

 

 

それが今はこのように↓

 

点群データ取得中です!

ナ、ナント、iPadProで取得することができます!

iPhoneも、12ProからLiDARが搭載されているのでこちらでも取得可能です。

 

すごい時代ですね====

スマホ一つで点群データが取得できるなんて(T_T)

 

この時に取得したデータをArchicadに取り込むとこうなります↓

 

Archicad上に取り込んだ点群データ

このデータ、Archicadの中でクルクル回して見ることもできますし、寸法も測る事ができます。

 

新築の場合は周辺敷地のデータを取り込んで、

設計建物と周辺環境の関係性をチェックします。

 

改装の場合は、既存建物のデータを取り込んで、

既存の状態と計画の内容を照らし合わせながら検討できます。

 

 

こんなかんじです↓

 

BIMを使っていれば、こんな活用も簡単にできてしまいます。

 

他にも色々活用法があるんですが、

それはまた次の機会にご紹介します〜!

BIM ”の他の記事

WORKS&TOPICS 一覧