ixrea

BLOG/ブログ

【イベント】LUMION Forum 2018福岡

2018.04.11

【イベント】LUMION Forum 2018福岡

こんにちはカセダです。

突然ですがレンダリングツール「LUMION」をご存じでしょうか?

 

▼まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

一見写真のようですが、「LUMION」を使用して3Dデータをこのように葉と草まで劇的に写実的に表現できるツールソフトなんです。

 

ボスがレンダリングしたこの物件

   私の第一声は・・・「写真かと思いました」です。

 

 

本日はそんな「LUMION」特徴や設計事務所としての使い方、そして最後にイベントのご紹介をしたいと思います。

 

 

LUMION とは?

 

 

LUMIONは、動画・静止画を作成するレンダリングツールです。

1. 簡単な操作性 2.高速レンダリング 3.多くの3Dモデリングソフトとの互換性(他社3Dデータを取り込むことができます)があります。

 

3Dレンダリングとは?

 

 

モデリングされたCADデータに、洗練されたコンピュータグラフィックスを施すことで、ガラスや水などの透明な素材からコンクリート、金属や木材などの多彩な表現を美しく実現します。更に条件を指定することで光の変化や時間の経過を表現することもできます。考えた空間にリアリズムを与えて本当に存在するかのような振る舞いを見せるのです。

 

 

レンダリングした動画がコチラ※「LUMION」HPから Youtubeより引用 

 

LUMIONはクライアントへのプレゼンテーションを、よりリアリスティックで感動あふれるものにすることが可能です。

 

弊社ixreaでも既に導入しており、プレゼンやイメージ共有に欠かせないソフトとなっています。

 

 

 

もうPhotoshopいらず!簡単に手書き風のアウトライン作成

 

いくつかの機能をご紹介したいと思います。

 

 

デザイン(建物の)形を「手描き」のアウトライン効果で明確に伝えることができます。フォトリアリスティック、スケッチ、またはアーティスティックエフェクトを適用して、建物の一般的な形と形状に焦点を当てます。

また露出補正やシーンにあった色調補正などLUMIONで様々な加工・調整が可能です。

既に3Dソフトで3Dパースがあっても広告やイメージ商材として手書きスケッチが必要であったり、よりリアリティある加工が必要な時って結構あります。

 今まではパース画を外部に依頼、もしくは社内外デザイナーがPhotoshopでの加工、スケッチアプリで制作していました。

そんなこともLUMIONで可能!!つまり時間と費用の削減です。

 

 

 

一番の特徴は建物の外観や家具のエッジを柔らかくし、肉眼レベルの4K解像度を使って、まるでそこにある模型のようなレンダリングすることで、生き生きとした外観のビデオを作成でき、それを設計者自身が明確に表現し・伝えることができるようになったことです。

 動画+音楽を設定すれば、動画そのものの雰囲気UPになるだけでなくオーナー様とも格段にイメージの共有しやすくなりますよ。(設計者のセンスの見せ所でもあるのです)

 

 

※LUMION HPより

 

 

 

 

そんなLUMIONについて、弊社代表吉田がユーザー事例紹介としてイベントにて登壇します。

 

 

LUMION Forum 2018福岡

 

LUMION ForumはLUMION の新機能の紹介、ユーザー事例紹介、基本講座など様々な内容を発表・公開するイベントです。

弊社ixrea吉田も参加・登壇させていただく事になりました。

 

 

タイムスケジュールはこちら

 

 

日時        LUMION Forum 2018 福岡 5月9日(水)

開場 12:45

13:00〜17:15 第1部 LUMION8.3〜LUMIONCompetition2018

17:30〜18:00 第2部 LUMION基礎講座

会場        天神クリスタルビル

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4丁目6:00〜17:15

第1部 LUMION8.3〜LUMIONCompetition2018

第2部 LUMION基礎講座

参加費    無料

定員        第一部:100名、第二部:20名

注意事項                会場内での撮影録音はお断りしております。

 

 

 

ぜひLUMIONの素晴らしさを体感しにいらしてください。

 

イベントの詳細・ご予約はコチラから

http://lumion3d.jp/event/