ixrea

BLOG/ブログ

勉強する時間があれば・・・からの「BIM朝活」はじめました

2018.06.25

勉強する時間があれば・・・からの「BIM朝活」はじめました

こんにちはカセダです。

ixreaでは朝活を始めました!

 

朝活の内容はBIM(Building Information Modeling)トレーニング。

 

 

 

BIM とは3Dモデルベースの建築CAD

 

 

ixreaではBIM を設計ツールとして使用し、3Dで完成した設計図、パースを元にお客様へご提案(3Dだから完成図がとてもイメージしやすい)させていただいております。

他の設計CADソフトと大きく異なるのは、3Dモデルだからこそ可能なレンダリング、アニメーションなど様々な場面と連動、デザインアイデアを実現できるという点です。

 

 

ただこのCADソフト、操作が難しいのです。

スマホでいうアンドロイドをIOSに変える・・みたいな操作が変わるのではなく、そもそも考え方が異なるのでCAD使える=BIMもすぐに使えるとはならないのです。しかし、今後建築業界で間違いなく必須の技術となると考えられています。企業の中には新人研修や社内研修にBIMを導入するところもあり、BIMを扱える人材の育成にも注目が集まっています。

 

前置きが長くなりましたが、必要性はあるのに技術者がいない・・・頭ではわかっていて何もしないなんて・・・・というままではイカン!!ということで現在ixreaでは就業30分前を利用し「BIM朝活」をスタートさせました!

ほぼ毎日勉強中です。

 

 

 

 

 

約1ヶ月が経ってみて

 

 

 

まずはBIMの概念から、初歩的な操作まで吉田からレクチャー。最初の10〜15分は操作等の説明〜そこから全員で課題(操作)を行います。

 

また、スタッフの出張や体調不良等で参加できない場合も想定し、「Loom」というGooglechromeの拡張機能を使用し、その日のレクチャー(音声)と画面を録音・録画し、後日好きな時間に補習出来るようにもしています。

 

※「Loom」とは、Googlechromeが提供する 無料のHD画質の動画キャプチャーツールです。詳しくは以前のブログで紹介しているのでこちらからどうぞ。

 

 

「録音・録画」は参加できない場合だけでなく、経験や年齢、そもそもの建築の知識など、理解度に差があるため、今日の朝活で学んだこと夜に復習できるということも兼ねているのです!

やる気があるけど時間がない、BIM全然わからない・・・といった状況を→「やる気があれば勉強できる」環境になればと!思っています。

 

「BIM朝活」を始めたことでスタッフ同士でも苦手・得意なことを共有できるようになっているし、朝活きっかけで自分以外のチームの案件の進行状況の確認をするようになったりと、思わぬところでプラスなことも起きているようです。

 

建築は様々な人が関わる大きな1つのプロジェクトです。だからこそお互いが何をやっているのか?お互いのスキルは今どのくらいなのか?を知るというコミュニケーションの場はとても重要です。

また代表の吉田にとっても個々のスキル、現在の理解度を確認できるとのこと

 

 

 

 

 

 

スタートして1ヶ月、他事務所とも連携しての「BIM朝活」。

今後も鹿児島の設計者同士、いい刺激になればと思います。

 

 

 

 

 

 

最後に、、、

 

 

朝活に一生懸命なスタッフ「たもやん」こと保の写真で締めくくりたいと思います。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

髪の毛めっっちゃハネちゃってるよ?