ixrea

BLOG/ブログ

世界とBIM

2014.05.22

世界とBIM

先日、「シンガポールのコンドミニアムに空中プール!」という記事を読みました

 

コンドミニアムとは分譲マンションのことなのですが、そのシンガポールの建物は地上38階建ての2棟の建物で2棟の間に橋を架け最上階の橋にはプールが設けられる設計だそうです

 

空を泳いでいるような気分を味わうことができる、地上38階の橋のプール

なにそれ怖い…

自然災害大丈夫なのかしら…(地震?台風?それ美味しいの?っていうぐらい無縁な国らしい)

 

 

シンガポールってテレビでもよく見る観光スポットに、屋上に船をのせたみたいなのでプールがあるバブリーなデザインのホテルも有名ですよね

こちらは57階建てですが…

両方とも同じ建築家の設計です

そして、どちらもBIMを活用しています

 

アジアではいち早くシンガポールが建築確認申請を電子化

設計ではBIMが義務づけられるようです

 

複雑な設計になればなるほどBIMは設計作業の強力な武器になります

CADと違い図面の線ではなく部屋の名称、仕上げ、材料、コストなど各部の属性情報を入れてくというただの3次元ではない!

ということで設計段階で干渉チェック、各種シュミレーションを行うことにより設計上の問題点を早期に発見できるわけです

 

複雑な建築がスムーズにできるようになるっていうことは、高度な建築も実現できるようになりやすい

その建物建物が情報化すれば巨大な無駄が省けてコストも削減できる

Less is more です